KS邸改修工事  初回現地調査日 2003年10月31日 改修工事終了日 12月22日

住宅改修 ◆ 手すり取り付け  玄関段差解消  扉の交換  福祉用具利用 (背上げベッド・ポータブルトイレ(既存))

利用者の方の身体状況
  • 両下肢筋力低下により歩行不安定
改修方針      
  • 転倒などの危険を防止すること
  • トイレへの動線をスムーズにし、移動時間を短縮すること
改修の内容     
  • 洗面所 横手すり1か所設置・ドアノブ交換
  • トイレ 入口扉 アコーディオンカーテンに交換
  • 廊下 縦手すり2ヵ所設置、居間入口ドア引き戸化
  • 玄関 L字型手すり設置、踏み台設置
ADL変化への配慮 
  • 外部の動線については、将来のADL変化により寝室掃きだし窓からとなることも考えられるために危険箇所(玄関)のみに留め、現行どおり人による介助に任せている。
施工事業者        ☆ ブルン住環境整備センター(0466-36-0863)
        
 
       写真:左

■ 玄関 左側のいすは靴を履きかえるためのもの。

       写真:右

■ 居間から廊下を見たところ 手前扉は引き戸に、奥の扉はレバーハンドルに。 扉の付近は体が不安定になるので縦手すりを付けている。
     図面:(クリックすると拡大します)


 

戻る