窪田さんからの返信健和会補助器具センター訪問記を読んで
お寄せいただきました

介護保険利用の住宅改修の問題点がどこにあるのか・・

住宅改修と福祉用具の仕事は、ケアマネに力がないので業者に丸投げ...の前に、 そもそもその道の専門家がいないためにケアマネに丸投げされている というのが私の主張です。
リハも、看護も、介護も、それぞれに専門家がいて、ケアマネは仕事の内容まで指示する必要はありません。
必要性と頻度を決めればいい、それも各専門家と協議して決めることもできるのです。
そして各専門家の持つ専門技術は、「在宅」バージョンはまだまだ未確立ながら(特にリハ)、施設版(リハの場合は障害者の病院版と言うべきでしょうが)はすでに歴史と伝統も持っているわけです。
しかし、住宅改修と福祉用具は?
ないでしょう?
専門家不在、専門技術未確立、故に.... ケアマネに丸投げされていることの不当性さえ認知されていないそれが問題なのです。
だとすれば、必要なのは...
専門技術の確立と専門家の育成 ですよね?  

           戻る     健和会補助器具センター訪問記