設立趣旨

この湘南の地を、自分達が安心して年齢を重ねられる場所にしたい!

国や自治体、大企業に任せきりで、そんなささやかな願いは叶うのでしょうか?
ただ声をあげることよりも、ここでずっと暮らしていきたいと思っているひとりひとりが、
自分達が出来ることを少しづつ進めていくことが大切なのではないでしょうか。

設立メンバーの多くは、ここで生まれ、育ってきました。
この地への深い愛着を感じている私たちの、あるものは看護や介護に関わり、
あるものは建築を通して環境や自然素材について考えるようになりました。
私たちが持っている知識や経験、道具などを持ち寄り、有効に使いながら
どんなことが出来るかを考えた結果として、この法人を設立します。
自分たちの未来は自分たちでつくる。そんなあたりまえのことが私たちの目標です。

 上記のことを踏まえ、以下のニ項目をこの法人の使命(ミッション)とします。

項目 
 介護保険を利用した住宅改修を通じて、年齢を重ねても安心して住める地域をつくること。
いろいろなトラブルが報告されている建築会社主導の改修でなく、介護支援専門員(ケアマネージャー)、一級建築士、福祉住環境コーデイネーターや福祉用具プランナーが意見を交わし、共同して必要な改修の検討と提案をします。
 そして条件に合致する施工会社数社に、こちらで考えた改修計画をベースに見積りを依頼し比較検討することで、妥当なコストでの改修を実現します。
 また、簡易な工事は施工会社を使わずに、建築士自らが手を動かしたり、利用者に手伝っていただくことで、安価で健康上安心な材料を使った改修を行います。利用者と公共団体の双方の負担を少なくする事で、始まったばかりの介護保険制度を根付かせるための 一助となるよう働きます。
項目 
 人手が必要なお年寄りにちょっとしたお手伝いをすることで、地域の潤滑油として働くこと。
核家族が進んだ結果として、年配の方々が子供と別居する例が増えています。
 家具の移動やちょっとした建物の修理など、力や技術のいる作業に不便な思いをしているお年寄りも多くいらっしゃることでしょう。
 そのようなときに気軽に頼めるサービスを行うことで、そのような方々が安心して住みつづけることのできる地域づくりを目指します。

平成15年 1月 26日
   特定非営利活動法人   湘南改造家
    設立代表者   橋本 洋一郎 


     定款をご覧になりたい方はこちらへどうぞ。